浴室の水道修理は大掛かりになることも

浴室の水漏れには蛇口からのほか、浴槽や排水栓の劣化や破損による水漏れがあります。また在来工法の場合は壁や床が傷んで基礎にまで水が浸透することもあります。古くなったお風呂は水道修理だけではなく、リフォームも視野に入れて考えましょう。

■浴槽からも水漏れが起きる

数百リットルものお湯を張る浴槽は、排水栓が古くなって隙間からお湯が漏れ続けることがあります。また、古くなると浴槽自体が劣化してひびが入るなど破損することがあります。排水栓は新しいものへ交換するだけでよく、ゴム栓であればホームセンターなどで購入できます。浴槽のひび割れは補修しても安全面が懸念されるため、基本的には交換が必要となり、修理のなかでもリフォーム規模の大掛かりなものとなります。

■浴室のタイルから起こる水のトラブル

築年数の経過した家では、ユニットパネルで構成される浴室ではなく、壁や床がタイル張りなどの在来工法によって作られているものもあります。タイルの隙間部分には、シリコンタイプのコーティングなどが塗られていますが、長年の使用で劣化が生じてひび割れや破損を起こします。水漏れに気づくのが遅れると、壁の下地や床下などが水の浸透によって腐食していることも考えられます。


■まとめ
浴室は経年劣化などで破損や水のトラブルが生じやすくなります。ゴム栓の交換などは自分で可能です。古い浴室であちこちに不具合がみられる、基礎部分まで影響が考えられる場合はリフォームを行えば、快適な空間を手にすることができます。水道修理業者では、浴室リフォームを請け負っているところもありますので相談してみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ