トイレで水漏れ!水道修理を依頼する前にすべきこと

長期間使用したトイレの配管やパッキンは劣化してしまい、水道修理を必要とするケースがあります。水漏れの量が多ければ、床材や温水洗浄便座などにまで影響が出ることがあります。

■応急処置で二次被害を防ぐ

排水管 水漏れなどで大量に水が溢れると、温水洗浄便座などの電気配線にまで被害が及ぶことがあります。水に濡れると機器の故障だけでなく、感電などの事故にもなりかねません。まずコンセントを抜いて、温水洗浄便座の使用を止めましょう。
そして止水栓を閉めて水の供給をストップします。止水栓は、トイレのタンクが接続されている配管にあります。マイナスドライバーや硬貨をつかって、右回りに回すことで止水栓を閉めることができます。

■階下への影響を抑える

水漏れが起こると、トイレの床や壁といった便器周辺が水で濡れている状態となります。多量の水をそのままにしていれば、床材に水がしみこんで家屋に影響を与えるかもしれません。特にトイレの設置場所が上階にあれば、階下にも被害を与えてしまいます。一戸建ての場合は階下に被害が及んでも被害者は自身ですが、集合住宅などの場合は他人を巻き込んでしまいますので、すぐに水分をふき取って乾燥させてください。

■まとめ
トイレの排水管 水漏れは、放置してしまうと床が水浸しになるなどで被害が大きくなります。温水洗浄便座を使用していれば、機器だけでなく電気系統のトラブルも起こります。最悪、感電を起こす場合があります。まずは応急処置を行い、二次被害を防ぎましょう。そのうえで、専門の水道業者に修理の相談をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ