台所で水道修理が必要になる原因と予防法

台所には、蛇口や水栓など様々な機器があります。通常通り使用していても、機器に負担が掛かるため経年劣化は避けられず、水道修理が必要となります。近年は食洗器を使用する家庭も多いですが、ちょっとしたことでトラブルが起きることもあります。

■配管の劣化や故障には注意が必要

配管の寿命は概ね10年から15年で、徐々に劣化が進んでいきます。特に使用期間が10年以上経っている場合、専門の水道修理業者にメンテナンスを依頼すると良いです。
台所のつまりが原因のケースでは、食べ物や油汚れなどが蓄積されて起こります。専用の薬剤を使いぬるま湯を流す作業を定期的に行うと、排水管つまりの予防になります。

■食洗器に起こる水のトラブル

食洗器は、手洗いよりも節水効果が高く、高温のお湯を使用できるため汚れ落ちもよいこと、食器洗いの時間を削減できることが最大のメリットです。しかし正しく使用しなければ、排水トラブルなどが起きることもあります。食洗器内の排水フィルターに食べかすが溜まるとうまく排水されなくなるため取り除いてください。また、手洗い用の洗剤を使うと泡が大量に発生してエラーが起こることがあります。食洗器用の洗剤を使用するようにしましょう。

■まとめ
台所の排水管 水漏れは、長年蓄積された汚れが主な原因となるため定期的に清掃をしましょう。また、家事負担を減らすために便利な食洗器は、使い方が誤っていればエラーを起こします。正しく使うことを心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ